トレンド最前線!人生を前のめりで生きていく!

出来る人は情報通が多い!こんな世の中だからこそ最新のトレンド情報をゲットしちゃって下さい!今後は話すネタに困らなくなるトレンド最前線へあなたを送りこんじゃいますっ!

森友学園の国有地売買で何故報道されない?売買経験者が思う2つの謎

国有地の激安取引で色々と報道されている森友学園
問題ですが、国有地の売買経験者としては
なぜTVで報道されないのかちょっと疑問に思うこと
が多くあります。

 


TVメディアにも多くの圧力が存在するのかも
しれませんので、コメントも回りくどい感じが
してしまい、ちょっと残念な気持ちです。


現状、報道されている中で疑問に思っていることを
をあえて言っておこうと思います。


森友学園の国有地売買問題について、いまいち現状が
分かっていない場合はこちらの記事にわかり易く
まとめましたので、ご参考にしてくだい。


森友学園の国有地問題の経緯のまとめ!謎や現状を整理してみた

 

 

謎1:国有地売買経験者が思う、森友学園の国有地売買の謎

f:id:aojilbennpi:20170228121141j:plain


まず、国有地売買の主な方法としては払下げと公開入札があります。


公園、学校、公営住宅、福祉施設など、くらしに役立つ施設の
建築や、地域の様々な要望を調整して売却することを
払下げなどと呼ばれております。


とくに要望のない国有地は、一般に公開し入札というかたち
で売却をしたりします。


これは、ホームページ上に公開されますので、
簡単に参加できます。


例えば、関東財務局のホームページなどを見てみると
国有財産物件情報を確認することが出来ます。


今回は、一般に公開しないで払下げという売却方法を国は
取りました。


国として、地域の様々な要望を調整したうえで決定したの
だと思われます。


しかし、森友学園には約8億円の値引が行われていたのです。


地中埋設撤去費用としての値下げだと公表してますね。


そこで国有地の売買経験者としては不思議に思ったのです。


何故なら、国有地を取得し地中埋設物が発見された場合は
以下のような手順になるのが通常なんです。


売買契約

残代金を支払い購入

工事開始(地中埋設物発見)

作業停止(国有地の売買担当者が現地を確認

国が撤去する為に、撤去業者へ公開入札を行う

国が撤去業者を選定し、撤去開始

国有地購入者も立会、撤去完了報告を受ける

 

このように、国が撤去業者を見つけて来て国が撤去するのが通例なんです。

 

しかし今回は

 


地中埋設物発見

国が約8億円かかると算出

売買代金を約8億円値下げ

撤去業者の選定や撤去は森友学園に丸投げ

 

国が融通を利いてくれて、ケースバイケースで対応してる
ようにも一般的には見られそうですが、国有地売買は
非常に細かいルールに乗っ取って行いますので、
ケースバイケースで売買契約書の雛型を書き換えるなんて
柔軟な対応をしてくれません。


購入者「この条件を加えてほしい」といっても
「出来ませんし、入札要綱通りに契約して下さい」と
言われるのがオチです。


そりゃそうですよね。


よほどの場合じゃないと、いつもと違う契約を行うなんて
めんどうなことを担当が上司に提案できるわけないですよね。


上下関係が厳格な職場ならなおさらです。


私が知る限り、TVでは報道されていませんが、
国有地は購入者の融通を利いてくれるような柔軟な
取引ではないんですよね。


落札から30日以内に契約をして下さい。


契約から20日以内に残代金を支払って下さい。


など決まっているのです。


約7億円で購入したいという購入希望者を退けてまで
契約しているとのことなので、
今回はかなり特殊な契約を結んだ印象が強いです。


利益を求める民間会社ならありえない話ですね。


なぜなのか謎ですね・・・

 

 

スポンサードリンク

 

 

謎2:森友学園とは貸与契約を行っている

f:id:aojilbennpi:20170228121108j:plain


豊中市が防災公園を作りたいと貸与契約を国に
話を持ち掛けた時は、貸与契約は出来ないので
買い取ってほしいと返答している情報が出ています。


そこで、豊中市は敷地の約半分を
14億2,300万円で購入している。


しかし、残り半分の土地は森友学園と国は
10年間の定期借地契約を締結している。


なぜ?


豊中市との貸与契約を断っているのに、森友学園
とは貸与契約を締結したのか・・・


10年間の定期借地の期限内で売買契約を締結する
ことという貸与契約になっていると報道されて
いるが、国がかなり森友学園の要望を飲んでいると
思われても仕方がないと思う。


しかも、約7億で購入したいといっている他者が
いたにも関わらずだ・・・


この珍しい対応に関しては、国の交渉担当と
最終的に決定した責任者が話をすれば
詳細が簡単に分かると思います。


なぜ、話をしないのでしょうか?


事実関係を確認する必要なんてないと思います。


当事者が話せば良いだけですからね。


契約から何十年と経過している訳ではありません
ので、記録もあると思いますが・・・


すぐに、当事者が会見をすればここまで
国民を不安にする事態にはならなかったのでは
ないかと思うのです。


公務員が国民の不安を自ら作るのは・・・


謎です。


会見をしないのは、何か意図があってのワザと
なんでしょうかね。


もちろん、私が見ている限りこのような
意見は報道されてません。


値下げ金額は妥当なのか?


政治的な関与はなかったのか?


この2つを色んな角度から検証・検討している
報道が多く感じます。


ん~なんかモヤモヤしますね・・・


築地問題もそうですが、なぜ、こんなにも時間が
掛かるのかなぁ